落ちないプロミス審査のコツは?

キャッシングの審査でNGが出る人というのは、収入を持っていない人が多いです。
自分が収入を得ているという事が必須な項目となるため、その条件に満たない人は用いることができません。
必ず稼ぎを得てから申込みをするようにしましょう。
それから、既に多くの借金があるというケースでも、審査に落ちてしまうでしょう。
虚偽の報告をしてプロミスのカードローンの申し込みをしたとすると、有印私文書偽造罪といって刑事罰の対象になります(大田区を太田区と書くようなケアレスミスはもちろん対象外)。
ただ、審査中に発覚したとしても会社としては被害届をバンバン出しているといった話は聞きません。
被害が出ていれば通報する、未然阻止ならしないというスタンスかもしれません。
どのみち、詐称して融資を受ける(受けられる)ことはありえないと考えたほうが妥当でしょう。
考えてもみてください。
嘘で融資を受けたとしても、返済中にバレたらブラック確定で、「全額」を「一括」で返済しなければいけません。
金銭の貸借は信用取引です。
むざむざ自分の信用に傷をつけることはやめてください。
お金を貸すと、厄介な事になります。
名前を借りるだけでも危険です。
消費者金融で融資を受けようとしたら返済能力を確かめるために、年収の証明書類を出すよう求められることも多いです。
それを提出したにもかかわらず貸せるのは、その年収の三分の一までだといわれてしまうわけです。
そうなると、次にやりがちなのは、自分以外の名前を借りて融資を受けることです。
でも、名義を借りるのも借金と同じような事ですから、止めておいた方がいいでしょう。
キャッシングの際に大事になる「クレヒス」。
これは「クレジットヒストリー」を略したもので、自分が過去にキャッシングを利用した履歴のことです。
返済が滞らず終わると傷のつかない綺麗なクレヒスが出来上がるので、今後は更に有利な条件でキャッシングを利用できるようになります。
こういう理由があるのでクレヒスというものは重要性を持っているのです。
延滞しないよう、細心の注意を払って必ず借りたお金は期日を守って返すようにしましょう。

プロミスの返済期日は?日にちを選べる!【無理なく返済!】