住宅ローンの金利比較はランキングで

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
フラット35というローンは、今とても注目を集めているリフォームに使える住宅ローンです。
最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。
という点です。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
ですが、フラット35の審査は少し違う点もありフラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
違う点は、貸付をする住宅に価値があるかどうか。
という所を重点的に見る。
という点です。
一般的なローンはそこまで価値を重視しないので、フラット35の特徴的な審査方法です。
リフォームに使える住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の合否判断には約1週間前後かかります。
結果は口頭もしくは電話で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通ると、本契約に移ることができます。
この契約の時には、銀行から指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も揃えておきましょう。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅ローンの申し込みが出来ます。

フラット35金利のランキング!金利一覧で比較!【イチオシ銀行は?】