光インターネットを解約して困ることはアドレスが変わる事でしょう

インターネットの普及で、光インターネットを取り扱うキャリアやプロバイダーが数多くなってきました。
インターネット導入期は、キャリアと言う概念がなくプロバイダーに電話をかけて利用したものですが、現在では光インターネットになり、常時接続が当たり前の時代なので、NTTの光回線を利用した独自のサービスを開始しているプロバイダーも出てきました。
業者の数が増えれば当然価格競争になるわけで、後発業者の料金が安ければ、現在の業者を解約して後発業者と契約しようとする人が出てきます。
これを「乗り換える」と言います。
プロバイダーを乗り換える時に困るのが、メールアドレスが変ってしまうことですね。
この問題を解決するために、最近ではインターネット契約を解約しても、月額数百円支払えばメールアドレスだけ利用できるサービスもできてきました。
プロバイダーおすすめ業者の口コミ情報を見る