ここ数年で光回線業者がお年寄りの家を訪問ししつこい勧誘をしたり契約を迫る事件が増加しています

近頃、光回線業者がお年寄りの自宅を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力が低下したお年寄りを言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えつつあります。
こういったことを受けて、総務省は契約後8日以内なら問題なく解約が行える光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明らかにしたのでした。
フレッツ光のほかwimaxにはいろいろなタイプのブロバイダがあり、更にその中でも初期フレッツ光の費用が完全に無料のもの、更に端末の代金までもが無料のプロバイダが複数存在します。
回線にもプロバイダによる速度の開きがないので、出費をなるべく抑えたい方はなるたけお得なプロバイダを選ぶと期待通りになるかもしれません。
インターネットを用いる場合に、どのプロバイダを選ぶかによって通信速度には差異が出てくると思われますよ!プロバイダの良し悪しを判断するというのは、なかなかできかねるというのが現実的な見方です。
現在いろいろな回線業者がありますが、シェアとしてはNTTフレッツ光が圧倒的ですからね。
ネット上の評判に基づいて判断するしかないので、わたしは顧客満足度業界一位というプロバイダを使用しています。