離乳食の進め方ガイド

離乳食トレーニングの重要性

赤ちゃんというのは離乳食の開始時期には、もう一段階進むことができると言えます。

 

自分の子どもがミルクや母乳を美味しそうに飲んでいるのを目撃すると、離乳食に切り替えるのが惜しいと考える人も少なくありません。

 

とは言え、離乳食トレーニングというのは、生命維持には必要不可欠なものです。

 

様々な食材を通して成長するために必要な栄養分を吸収しなければなりません。

 

またさらに、噛むようにすることで身体の要所要所で成長が進んでいきます。

 

口や舌、さらに顎がしっかり発育するだけでなく、噛むことで頭蓋骨も成長していきます。

 

絶壁状態となったわが子の後頭部に関して不安を抱いているお母さんは、悩まなくても大丈夫でしょう。

 

顎を意識的に使って咀嚼することで、後頭部の発達につながって改善するでしょう。

 

離乳食のステップアップにつれて、体中の器官の成長を促進し、消化器官や歯も成長します。

 

離乳食を食べられる月齢となり、赤ちゃんが次の段階に進んでも特に問題なさそうなら、心を決めて挑戦してみましょう。

 

離乳食をスタートすると、食べるものによって反応が変化することがわかります。

 

五感に働きかける効果もあるのが離乳食なので、様々な食品を食べさせることで味覚も育てていきます。

 

この時期の体験は、これ以降の発育にもかなり影響しますが、自分の子どもと他の子どもを比べてむやみに焦ってはいけません。

 

離乳食をはじめるタイミングであっても、まだきちんと体ができていない赤ちゃんの場合には、以前の状態に戻るケースもあります。

 

何かのきっかけで食べられるようになることもあるので、あれこれ考えずにチャレンジしてみましょう。

 

 


赤ちゃんのペースで進めていきましょう

離乳食を進めていく上で気を配る必要があるとされるのが、慌てて進めないということです。

 

離乳食に慣れる早さは、赤ちゃんごとに異なるので、楽にステップアップする赤ちゃんもいれば、頑なに拒む赤ちゃんもいます。

 

そうは言っても、いずれは確実に離乳食を受け入れるので、成長がその月齢の標準ではなくとも、不安に思うことはありません。

 

赤ちゃんの状態を見極めながら、余裕をもってスタートしていくのが大切です。

 

赤ちゃんの速度に合わせて、最初は1さじから、徐々に行いましょう。

 

離乳食を始めたら、赤ちゃんの口に食べ物が入っているときの口の動かし方、飲み込み方を観察することが重要です。

 

さらに、観察すべきことの一つが赤ちゃんがする毎日の便の様子です。

 

離乳食に用いた食材により、便の様子は変化します。

 

スムーズに消化されているか細かく観察しつつ、食材の大きさややわらかさを調整します。

 

当たり前ですが、消化器官の成長や月齢に見合った早さで行います。

 

喜ぶ赤ちゃんの様子だけで判断して、次から次へと与えるのはやめましょう。

 

はじめは、様子を観察しながらという心構えを持ちましょう。

 

大人と同様、赤ちゃんにも好みがあり、離乳食をはじめた初期は、味よりも滑らかさの方に反応する場合があります。

 

赤ちゃんの反応が悪かったら、もっととろみをつけたり変化を出すために別の食材を少し加えるなど工夫が必要です。

 

離乳食を開始したばかりなら、栄養を重視しすぎず嫌がらずに食べるという習慣をつけるのが目的です。

 

栄養のことを重視するのは、もっと上の段階に進んでからでいいでしょう。